ヘッダー画像

見比べることで脳にアプローチ! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

見くらべる♪

 

柳沢運動プログラムの遊びの導入では、動きを始める前に

子ども達にある問いかけを行っています。

それは、動き方の「良い例」と「悪い例」です。

例えば、クマさんに変身する前に、
「良い例」として、手をパーに開いて、顔を上げて前を見て、

お尻をあげて膝を地面から離して進む動作を

子ども達に見てもらい、
「悪い例」として、手をグーにして、顔を下げて下を向いて、

膝を地面に着きながら進む動作を見てもらい、

どこが違ったかを当ててもらいます。


※あくまでも動作のイメージをもってもらうためのものなので、

「良い例」が最初からできなければいけないと

いうことではありません。

 

子ども達には動きのポイントとなる部分を意識してもらい

自分自身の身体に意識を向けることができるようにしています。

また、「良い例」と「悪い例」を比べるためには

視覚性の記憶する力が必要になります。

「良い例」の動作(手・顔の向き・下半身の動き)を

眼で見て記憶し、
「悪い例」を見た時に、脳の中で「良い例」の動きの

イメージを出しながら、今見ている
「悪い例」と比較することが必要になります。

 

動きの説明部分にも脳へのアプローチが含まれています。

ぜひ、遊びの説明時も有効に活用してみてくださいね♪

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、靴、リビング、室内