ヘッダー画像

遊びはHow toではない!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

遊びはHow toではない!?

 

みなさんこんにちは
運動保育士の比田井です!

みなさんは、保育園・幼稚園時代にどんな遊びが好きでしたか?

ごっこ遊び・折り紙・お絵描き・ボール遊び・
塗り絵・鬼遊び・水遊び・泥遊び…

 

その遊びの遊び方は全て誰かに教えてもらって
その通りに遊んでいましたか?

きっと、入り口は大人にやり方を教わっていたと思います。
しかし、ある程度その遊びができてくると
自分で遊び方や行い方を変えてオリジナル遊びに

変化させていたと思います。

 

それが楽しさであり、遊びの面白さでもあります。

安定した形を壊し再構築していく

作って壊して作って壊して

その中で、新しい気づきや体験ができ、

他者とのかかわりが生まれたり
道具や環境に対して適応出来たりしていくのだと思います。

 

完全に決められた範囲の中での遊びしか
できない状況だったとしたらではどうでしょうか?

How toももちろん大切ですが、
そこからどうするかがより大切になるのだと思います^^

 

 

参考文献:「やさしく学ぶからだの発達Part2」,林万リ,全障研出版

参考文献:「やさしく学ぶからだの発達Part2」,林万リ,全障研出版

 

運動遊び 柳沢運動プログラム 脳科学 保育 遊び 身体遊び 運動保育士 運動保育の輪 幼児期 体の発達

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。