ヘッダー画像

私たちの基礎を作る身体遊び♪  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

とある幼稚園の先生からご質問をいただきました。

先生「年少のお子さんで椅子には座れるのですが、

立つとどこかにもたれるか、足を前に出さないと

立ち続けられない子がいます。」

という内容です。

 

さてこのお子さんにはどのような遊びのアプローチが

必要なのでしょうか?
またどういった背景があるのでしょうか?

取り組みとしてどのようなことを意識すれば良いのか?

気をつけの練習をさせる?
だるまさんが転んだで静止を覚えてもらう?
片足をあげて止まるようにしてバランスを取る練習をさせる?

 

このお子さん(仮にA君とします)には
骨格を支えるためのインナーコアの働きを活性化させると

同時に抗重力筋群をつけ、筋緊張の調整を促すような

アプローチが必要かと考えました。

ヒントは赤ちゃんが立つまでの過程にもあります。

直立で立ち、二足歩行をするのは人間特有の動作です。
そうすることで手が自由になりさまざまな物を

作り出せるようになり脳も進化してきました!

 

私たちの基礎を作る身体遊び♪
身体を動かすことで心と体も脳も元気にしていきましょう!!

 

 

【柳沢運動プログラム 運動保育士認定講座】

認定講座 初級<一般向け> 
https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel…

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。