ヘッダー画像

スムーズな上達には目標の明確化がポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に新しい運動を提供する時、年齢によってですが

年長児になれば、目標とするものや目指す形などを

明確に伝えてあげることも大事になります。

そうでなければ、ただだらだらとこなしていくだけで

上達が難しくなってしまいます。

 

具体的な目標があれば、子ども達は自分なりに考えて

チャレンジします。

もちろん最初からうまくできるわけではないので、

転んだりすることもありますが、そういった繰り返しによって

子どもの力がベースアップするので、

次の段階につなげやすくなります。

 

具体的な目標提示と、褒める時も具体的に褒めることで

子ども達の持っている力を引き出し伸ばしていきましょう。

 

 

今日は、私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「クマの反転ジャンプ」をご紹介します。

 

四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢で、

手をついたまま足だけで左右にいったりきたりの

ジャンプをする遊びです。

側転の前段階になる遊びで、腕の支持力が育っていることが

前提の遊びになります。

 

まず両手でしっかり体を支えたら、片足で地面を蹴って

横方向にジャンプをします。

足はバラバラのジャンプで構いません。

足元にビニールテープで四角を2つ描いておき、

それぞれに足を入れたら

左の四角から右の四角へというようにするとわかりやすいです。

 

手を固定したまま、足だけをジャンプさせるのは

意外と難しいので、まずは左右のジャンプを楽しく行ないましょう。

慣れてきたら180度の反転ジャンプを目指して

大きく横方向へジャンプするようにしてみてください。

 

側転につながる動きなので理想は足を高く上げるジャンプですが、

最初から高く上げる必要はありません。

まずは顎を開いて前を見ること、お尻を高く上げること、

手をパーに開いてつくことを大事にして行なってみてください。

 

また、同じ動きを行なっていても子どもの運動能力や

筋力などには違いがあるので、1人1人に合わせた声掛けや

適切な補助、目標設定も行いながら提供していくことが大切です。