ヘッダー画像

ちょっとしたアレンジで脳を活性化♪ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

ちょっとしたアレンジで脳を活性化♪

 

手を使った活動が脳にいい影響があるのは
ご存知の事かと思います。

・手遊び
・お絵かき
・あやとり
などなど、手先を使った遊びや活動はたくさんあります。

手を使うことで、脳の前頭葉にある運動野

(運動のコントロールセンター)などへの刺激となる事で、

脳が活性化します。

 

手を使えば脳に良いから
子ども達の好きな〇〇の手遊びをずっと続けていこう!!
と思うかもしれませんが

ただ、残念なことに動きに慣れてしまうと

脳は途端に働かなくなってしまうのです…


これは、実験の結果からも明らかとなっており、
脳は同じ刺激を受け続けると、次第に刺激に慣れていき

その刺激を受け取らなくなってしまうことがわかっています。
つまり脳は新しく、まだ行ったことの無い動きを行う時に

より活発に働き脳を活性させます。

 

日常の中では、月や季節で手遊びを替えたり、
絵を描くときにいつもとは反対の手でペンを持って

描いてみたり、あやとりの新しい技にチャレンジしてみたり
といろいろな手の使い方をしてみましょう。

 

参考文献:「脳の老化を防ぐ!100歳までボケない手指体操」,

主婦と生活社,白澤卓二

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。