ヘッダー画像

皮膚と脳は兄弟!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

皮膚と脳は兄弟!?

 

「皮膚は露出した脳」と言われるほど、脳にダイレクトに

影響を与えることで有名です。

なぜ、「皮膚は露出した脳」とまで言われるのでしょうか?

日本人の体表面積の平均は
成人男性:約1,6㎡
成人女性:約1,5㎡
とされています。
1㎡は一辺が1mの正方形なので、
驚くほど面積が大きい訳ではありません。

 

では、皮膚の持つ役割はどうでしょう。
・水分の喪失、浸透を防ぐ
・体温調節
・微生物などから身体を守る
・感覚受容器としての役割
周りからのさまざまな強さや種類の刺激を受ける皮膚は、

周りの環境と自分の体との境界線であり、
境界線があるからこそ、自分を認識することができます。
自分が認識できることによって他者を認識することが出来、

相手のことを考えたり、今どう思っているのかを

考えたりできるようになります。

 

そして、人間の受精卵は細胞分裂を始める頃に、
外胚葉
中胚葉
内胚葉
という3つの層ができます。

3つの層は成長と共に
外胚葉→消化器系
中胚葉→骨・筋肉
内胚葉→神経系・感覚器・表皮
が形成されていきます。

内胚葉のなかで内側にもぐりこんだ部分が「脳」となり
外側に広がった部分が「皮膚」となったのです。

つまり、脳と皮膚は兄弟のような存在でもあるのです。

 

日頃からたくさんスキンシップをとることは、
脳とふれあっている事と同じ働きを持ちます。

運動遊びに限らず、普段の日常の中から
スキンシップをとることを大切にしていきたいですね♪

 

 

参考文献:PHP「のびのび子育て」

だっこするといい性格に育つ 山口創
https://www.php.co.jp/magazine/phpex/?unique_issue_id=19344

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◆保育園・幼稚園・小学校等での運動遊びの研修・講演会
◆親子レクリエーション
◆保護者向け講演会
◆運動遊びの導入
に関するお問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。