ヘッダー画像

【目は口ほどに物を言う】これって実は…。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【目は口ほどに物を言う】
これって実は…

 

昔からの言葉で
【目は口ほどに物を言う】
ということわざがありますね!

意味は、
-------------------------------------------------------------------
感情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に、

相手に気持ちが伝わるものだということ。 
-------------------------------------------------------------------
だそうです。

 

しかし、人とのコミュニケーションの上では
【目は口よりも物を言う】方が正しいと思います。

例えば、
初対面の人と自己紹介する時に相手の目が左右にキョロキョロと
動きながら自己紹介をされても話は入ってきませんよね?
また
あなたが悩み事を抱えていて、悩み事を友達に相談した時に
あなたの話に対して友達は「そうだったんだ!」「うんうん」と
相づちは打ってくれますが、目は終始、外の景色を見ています。
この時、あなたはどう感じますか?
「この人しっかり私の話聞いてくれている!!」と感じるでしょうか?

 

人間(動物)は本能的にまず、相手の目を見る習性が

あるとされています。

つまり目を意識的に使うことで、
相手に与える印象も変わってくるということです。

 

昔から躾のひとつとされてきた
「相手の顔を見て話す」
は他者とのコミュニケーションの基礎を教える
とても大切なものだったんですね^^

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び
#目は口ほどに物を言う

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

  • 0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび (ナツメ社保育シリーズ)