ヘッダー画像

危ないことは排除すべきか? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

危ないことは排除すべきか?

 

・木に登る
・鉄棒の上に座る
・跳び箱から跳び下りる
・カッターナイフを使う
・包丁を使う


挙げだしたらキリが無いですね。

子ども達の周りには様々な『危ないこと』が
溢れています。

子ども達の安全は第一です。
子ども達の安全を考えれば危ないことは全て排除すべき…
なのでしょうか?

 

私はある言葉にとても感銘を受けました。
私はこの言葉を大切に子ども達に関わり続けていきます。

その言葉は


---------------------------------------------------------------------
“「危ないからやめなさい!」ではなく
「危ないから気を付けてやりなさい!」”
---------------------------------------------------------------------
引用元:http://yamada-keiai.jp/coordinator.php

 

素晴らしい言葉だと思います。

 

脳科学者 茂木健一郎先生の
『結果を出せる結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』
http://amzn.asia/d/9U7SeSo 
の中でもまだ行ったことの無い領域に跳び込んだり、

経験体験を行なうことで私たちの脳はより活性化し

進化していくのだと述べられています。

 

子ども達は、経験不足です。
何がどれくらい危険かは知りません。

ですので、私たち大人が危険さを伝えたうえで子ども達が

チャレンジできるようにサポートしていく。

このことによって子ども達は楽しさも危なさも学びながら

成長していけるのだと思います。

 

 

 

こちらも是非↓↓↓
★0~5歳児の発達に合った 楽しい! 運動あそび
(ナツメ社保育シリーズ)
http://amzn.asia/d/gS0VdWp

 

★「生きる力」を育む幼児のための柳沢運動プログラム 基本編
http://amzn.asia/d/0lnjXG3

 

 

#運動遊び
#柳沢運動プログラム
#運動保育士会
#幼児 
#脳科学 
#身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。