ヘッダー画像

子どもの今の段階に合わせた運動指導が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動指導をする時に大事なポイントは、

今現在の子どもの状況に合わせて行なっていくということです。

今やっている動きやできる力の前後を見据えた上で、

次は何の動きが良いか、子ども達はどのくらいまでできるかという

ところをしっかり把握することが大切です。

 

そこから次の段階に進んだり、一つ前の段階に戻ってみたりしながら、

臨機応変に行なっていくと子ども達の運動あそびが

より充実した効果的なものになっていきます。

 

子ども達の中には運動全般が得意な子もいれば、

走るのが得意な子、パワー系の遊びが得意な子、

走るのは遅くて力も弱いけど体を器用に動かすのが得意な子、

運動自体に苦手意識を持っている子など

いろいろな子がいます。

全ての子ども達が運動することを好きになれるように、

楽しい運動あそびを提供していきましょう。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびから「色分けすずめポイントジャンプ」を

ご紹介します。

 

まず両手で鉄棒を握って跳び乗り、肘を伸ばしたら

顔を上げて前を見ます。

足も閉じてまっすぐ伸ばしておきます。

そこから足を前後に大きく振って反動をつけ、

タイミングよく後ろにジャンプして両足で着地します。

 

着地点の辺りには4色ほどの線を5~10cm間隔で

つけておき、まずは線を意識して着地する練習をします。

慣れてきたら、ジャンプする前にどの色に着地するか

宣言してからやってみましょう。

 

また、子どもが大きく足振りができているかを見てください。

足振りが小さいと、後ろに大きく跳ぶことができず

鉄棒に顎や歯をぶつけてしまうことがあります。

その場合は、子どもの胸に手を当てておき、

ジャンプのタイミングで少し後ろに押してあげるようにしたり

ジャンプの時に鉄棒を押すように意識させてみたりしながら

練習してみてください。

 

まずは大きなジャンプよりも、狙った位置に正確に

着地することが大事です。

そのためにも、慣れたきたらポイント制にして

個人やチームで競争にしてみても良いです。

競争にすると、子ども達は本気の力を出しやすくなるので

とてもおすすめですよ。