ヘッダー画像

【跳び箱までの遊び①~⑨(簡易版)】⑨ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【跳び箱までの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑨の『開脚跳び越し』です。

 

いよいよ開脚跳び越しの段階となりました。

ほとんどの子どもは⑤の『カエル』を継続して

遊びこむことで、3~4段の跳び箱であれば簡単に
跳べるようになります。

『カエル』に変身する機会を定期的にとり、
安全に配慮しながら跳び箱を楽しんでください^^!

 

【ポイント】
■両手を揃えて跳び箱の縁に掛けるように着く
■足を揃えた状態から、ジャンプし、タイミングよく
 足を開いて跳び箱を跳ぶ
■顔は前を向いて行う

 

【この遊びを行うと】
■身体を支える力が身に付き怪我防止につながる
■タイミング力が身に付く
■体重移動の感覚を身に付ける
■山(跳び箱)を越えたことで自信・達成感を感じることができる

 

一朝一夕ですぐに開脚跳び越しが出来るようになるのは
難しいです。

しかし、遊びを段階的に入れて上げる事で、
無理なく、開脚跳び越しができるようになります!

 

より細かい段階を知りたい方はこちら!!
https://goo.gl/kp6B8T

 

 

 

#運動遊び #跳び箱 #柳沢運動プログラム #開脚跳び越し #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。