ヘッダー画像

【跳び箱までの遊び①~⑨(簡易版)】⑥ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【跳び箱までの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、⑥の『カエルの足打ち』です。

 

この遊びは、⑤のカエルを行った時に、空中で
足と足をパンパンと叩く(拍手のようなイメージ)
遊びです。

 

【ポイント】
■両腕を肩幅に広げて床に着く
■顔を起こし、あごを開く
■ジャンプした際につま先がお尻よりも高くなるようにする
■着地時にしっかり足の裏で着地をする

 

【この遊びを行うと】
■身体を支える力が身に付き怪我防止につながる
■タイミング力(リズム感)が身に付く
■見えない部分を操作(足打ち)するため、

 身体イメージ力が上がる
■力一杯跳びすぎても前方に転倒してしまうため、
 力の調整力が身に付く

 

初めて行う際は、マットやお布団の上で行うようにして

前方への転倒で顔面のケガ予防を行いましょう!!

この遊びで、お尻や足の位置が高くなることで、
跳び箱の開脚跳び越しはしやすくなっていきますよ!

 

 

#運動遊び #跳び箱 #柳沢運動プログラム #カエルの足打ち #運動保育士会 #幼児 #脳科学 #身体遊び

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。