ヘッダー画像

【跳び箱までの遊び①~⑨(簡易版)】② 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【跳び箱までの遊び①~⑨(簡易版)】

今回は、②の『クマ歩き』です。

 

長野県内の保育園・幼稚園で「クマ歩き」と言えば

だいたいの先生方が知っている(はず…)遊びです!!

クマ歩きは、幼稚園、小学校の受験にも出る動きとなってきました。
それほど子どもの発達を見ることに最適な遊びです。

 

運動にはいくつかの段階があります。

反射運動(0~1歳)
基本運動(1~5歳)
協応運動(4~10歳)
熟練運動(10歳以上)

 

クマ歩きは協応運動の部分に当たる動きです。
つまり、この動きができるということは、
身体操作がある程度コントロールでき、
脳機能的にも発達していることを見ることができます!

 

【ポイント】
■手を開く(パーにする)
■顔を上げて前方を見る
■膝を上げる

 

【この遊びを行うと】※イヌ歩き同様
■身体を支える力が身に付き怪我防止につながる
■深層筋群の筋力を強化し姿勢の保持力が上がる
■胸部が開き、しっかり呼吸ができることで、呼吸器系が強くなる
■頭部の安定性が増し、脳機能の成長につながる
■頭部の安定性が増し、視機能の成長につながる

 

膝を上げることでイヌ歩きよりも腕に負荷がかかります。
これが、側転、跳び箱、前転などの原点の動きとなる遊びです!
まずは、短い距離から歩いて遊んで行きましょう(^^)/

 

 

#運動遊び #跳び箱 #柳沢運動プログラム #クマ歩き #運動保育士会 #幼児 #小学校受験

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。