ヘッダー画像

脳にとってアウェーこそ潜在能力UPの秘訣! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

脳にとってアウェーこそ潜在能力UPの秘訣

 

これは、脳科学者 茂木健一郎先生の著書
「結果を出せる人の脳の習慣,廣済堂新書」 
から学ばせていただきました。

大人にとっても、子ども達への関わりにもつながる

とてもおススメの一冊です^^

 

脳はアウェー状態つまり、新しい職場や訪れたことの無い国、

初めての環境、体験時のどうしたらよいか

すぐにはわからないような状況に置かれてこそ、

脳はフル回転し活性化するのだそうです!!

子ども達にとっては、全ての経験体験が

初めてのことが多いですよね!?
つまり日々アウェー状態で過ごしているからこそ、

脳の成長が著しいのです。

これは、スキャモンの発育発達曲線をみてもわかりますね!

 

ただ、アウェーで活躍するには安心できるホームが無ければ
思い切ったトライはできません。

安心できるホームとは、大好きなお父さんお母さんでもあり、

先生でもあります。

「どんな結果になっても、お父さんお母さんがいるから大丈夫!」

と思えるからこそ子ども達は日々様々なことにトライし、

脳の脳力を引き出し続けています。

 

しかし、ホームだけで育った場合はどうでしょうか?

●危ないからと新しいことにトライさせない
●まだ出来ないと決めつけ大人が全てやってあげてしまう
●これはこうだよ!と先回りして教えてあげてしまう

など本当に危険なことは止めなければならないですが、
子ども達の成長を考えれば脳科学の視点からみても
多くのアウェーを子ども達に経験体験させてあげることも
とても大切なことだと思います!!

 

これからは、積極的にアウェーの状況にチャレンジできるよう

促し、子ども達の脳の潜在能力をどんどん引き出していきたいですね!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。

 

お問合せ先はこちら(^^)>>>
info@undouhoiku.jp