ヘッダー画像

脳も眠る!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

脳も眠る!?

 

私たちが夜睡眠をしている時、心臓や脳も
睡眠をとって活動を止めているでしょうか?

心臓は鼓動を繰り返し、血液を体中に運んでいますね!
では脳はどうなのでしょうか?

脳も休まず働き続けているイメージがあるかと思いますが、

実は脳には『眠る脳』と『眠らない脳』が
あります。

 

★眠る脳()zzzz
人間らしさや見る・聞く・動かす・感じることを司る
大脳皮質です。
大脳皮質は日中の活動中多くのエネルギーを消費します。
なので、休息が必要になるのです
※眠ると言っても完全に機能停止しているわけではありません。

 

★眠らない脳(^^)/
呼吸・代謝・尿意・心臓・体温などの生命維持に欠かせない

機能を司る大脳辺縁系や脳幹は休まず働き続けてくれます。

 

つまり、脳の中でもしっかり休ませてあげないと

いけない部分があるということです。

睡眠時間を削られ休息をとれなかった場合、
感情のコントロールが効かなくなったり、ボーっとしたり、
無休の状態が続くと幻視や妄想も現れることがわかっています。

脳の発達が著しい乳幼児期では、
子ども達のためにしっかりと睡眠時間を確保して脳を休ませ、

感情のコントロールや集中ができる状態にしてあげたいですね。

 

 

 

◆【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士会のyoutubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC5QmZIKJeg750cyiYksv-Kg

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。