ヘッダー画像

幼児期は知育以上に好奇心や意欲を育てる関わりが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「子どもの将来のために」と最近では乳児期、幼児期から

熱心に早期教育に取り組む家庭も多いですが、

何かを教えたり知識を増やすことばかりになっていませんか。

 

世の中で成功を収めている人を見ると、いろいろなことに

興味を持ち、好奇心旺盛で意欲的です。

幼児期には、この好奇心や意欲をしっかりと育ててあげることが

知育や早期教育よりも重要で良い方向につながりやすいのです。

子どもの興味関心に合わせた関わりで、力を引き出し

総合的な発達を促していきましょう。

 

こどもプラスでは、子ども達に運動あそびを提供していますが、

子ども達が自主的に取り組めるように興味のあることに

合わせたり、興味を引き付けられるような工夫をしています。

 

その運動あそびプログラム「柳澤運動プログラム」の中から

「並びゲーム」をご紹介します。

 

子ども達は指導者の指示を聞き、指示された場所に行って並びます。

全員が同じ場所に並ぶのではなく、条件に従って

数人ずつで並べるようにします。

例えば「男の子は〇〇先生の前に、女の子は△△先生の前に

並びましょう」

「うさぎグループの人は赤いカードの前、いるかグループの人は

青いカードの前、クマグループの人は茶色のカードの前に

並びましょう」のように性別や色、教室のグループなどで

条件を指定し、子どもは自分がどこに動けばいいのか

自分で判断して動けるようにしていきます。

 

慣れてきたら、「赤い帽子の人は眼鏡をかけた先生の前に

お友達と2人で手をつないで2列に並びましょう。」などと

少しずつ条件を複雑にしながら、語意力や判断力、聞く力、

気付きの力を養っていきましょう。