ヘッダー画像

子どもの発達を促す「運動あそび」が重要視されています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の成長発達のために「運動あそび」が重要視されています。

子ども達が体を動かすことによって得られるものは、

体力や運動能力だけではありません。

 

日常生活の中で多様な動きができにくい現代の生活では

運動あそびを通して、よじ登ったり、回転したり、ぶら下がったり、

逆さまになったりすることで、普段使わない筋肉を動かせるので

脳に多くの刺激を送ることができ、脳の発達も促すことができるのです。

また、友達同士の関わりが増えるのでコミュニケーション能力の向上や

社会性を身につけるといった効果も期待できます。

 

 

まずは楽しく遊ぶことで「動ける体」を作り、子ども達が

運動を習慣つけていけるように促していきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している「柳澤運動プログラム」の

中から「忍者おつかい」をご紹介します。

タオルやハンカチを足の間に挟んでジャンプしながら

縄などの低い障害物を跳び越えていきます。

 

忍者が敵のお城に忍び込むという設定で

ジャンプの時に音を立てないこと、挟んだタオルを落とさないように

気をつけること、障害物に当たらないことを意識しながら

遊んでみてください。

 

ジャンプした時に、タオルを落としてしまう子がいると思います。

どの位置に挟めば落ちないかを見本を見せたり

子ども達に聞いたりしながら確認してみてください。

また、焦って進もうとすると着地の時に音がしてしまいます。

慌てずに、膝の曲げ伸ばしの力や全身のクッションを使って

音のしない静かなジャンプができるようにしましょう。

 

途中で上手な子に前に出てお手本を見せてもらったりするのも

おすすめです。

その場合、運動が得意で目立つ子よりも普段おとなしいタイプの

子にやってもらい、みんなの前で拍手をもらうことで

自信をつけてあげると良いと思います。

友達同士の教える、教えられるという関係も大事にしながら

子ども達の社会性、コミュニケーション能力を高め

人間関係力を養っていきましょう。