ヘッダー画像

小学校高学年からの成績アップには幼児期の遊びや体験が大きく関係しています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「早期教育」が流行っていて、保育園や幼稚園の頃からたくさんの

習い事に通い、小学校低学年から学習塾に通っているという

子ども達はたくさんいます。

しかし、そうした子ども達が「小学校高学年になったら成績が

伸びなくなった」というケースがとても多くあります。

 

一方で、幼児期から小学校低学年頃にかけての時期に

遊びを中心として伸び伸びとすごしてきた子ども達が

小学校4年生頃から一気に成績が伸びてくるというケースは

実はとても多いのです。

 

幼児期から低学年にかけての時期は、人生の中で最も脳が発達する

時期になります。

この時期に机に向かって勉強をしてばかりでは、

心や脳を健全に育てることができません。

やはり、友達と楽しく夢中になって体を動かして遊ぶことが

幼児期の子ども達には最も重要な育ちと学びの時間になります。

 

まずは学習に向かえる十分な土台作りをしておくことが

後の学力や成績向上にもつながっていくので、

幼児期の子ども達には、楽しく体を動かして遊べる機会を

できるだけ多く提供していきたいものですね。

 

今日は、こどもプラスが提供している運動あそび、

「柳澤運動プログラム」の中から「じゃがいも迷路」を

ご紹介します。

 

複数のマットを縦・横・斜めにつなげてコースを作ります。

子どもはマットの上に仰向けになって、両膝を両腕で抱え込み、

体を丸めた姿勢になります。

この姿勢のまま、横にごろごろ転がっていきます。

 

回転中に腕が離れないように体を丸めた姿勢を維持すること、

マットから落ちないように進むことがポイントです。

マットから落ちないように、回転しながら体の向きを

調整することで、身体コントロール力、空間認知力、イメージ力、

バランス力などが養われます。

 

体を丸めた状態で横回転をするには、バランス力の他に

反動力が必要になります。

苦手な子には体を少し押して補助してあげたり、

手足を伸ばしてくっつけた状態で横向きに転がる

「焼きいもごろごろ」で遊びながら感覚を養ってみるのも

1つの方法です。

 

子どもによって苦手な原因があるので、しっかりと見極めながら

効果的に力を伸ばせるように働きかけていきましょう。