ヘッダー画像

みなさんの周りの子ども達は泥んこ遊びしてますか?? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

みなさんの周りの子ども達は泥んこ遊びしてますか??

 

最近では、「洋服が汚れるから」「ばい菌がつきそうだから」

「手が汚れるから」などの理由から泥んこ遊びをする子ども達が

減ってきたように感じます。

そう感じている方は多い様で、インターネットで
調べてみても「泥んこ遊びを行なわなくなってきている」
という内容を良く見かけます。

 

しかし、泥んこ遊びには
★手のひらだけでなく、腕・脚など様々な場所への
触感覚刺激となる!
皮膚は「露出した脳」と言われ、脳内の認識や感情の中枢まで

広く刺激し影響を与えてくれます。
★識別的な触感覚となり社会性が身に付き、偏食が減る!?
触感覚は、識別系と原始系の2つにわかれ識別系

(意識して触る・触られることに意識を向ける)のアプローチを

行うことで、感覚の過敏性を抑えられたり、殴る蹴るの攻撃や

噛みつく、ひっかく、爪を立てるといった攻撃行動を

緩和させていくことにも繋がります。

 

また、子どもを持つ1万人の親御さんを対象にした調査では

「屋内での遊びが多くなった」
「友達同士での遊びが少なくなった」

と答えた親御さんのうち、40パーセント前後もの子どもが

アレルギー症状を発症したと
「日本小児アレルギー学会誌」では報告しています。

 

泥遊びをはじめとする屋外遊びの減少で、家の外で様々な菌に

触れることが少なくなることで、
本来、遊びの中で多くの菌にさらされることで
健康に過ごしていくための菌(腸内細菌)を獲得していたのが

現代では獲得できにくい現状となっているのも事実です。

 

泥遊びだけでなく、この時期ならではの
水遊び(海・川・プール)・泥遊びで子ども達の触感覚

そして五感に刺激を入れて、脳に良い影響をたくさん与えられるように
していきましょう!!

 

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?

 

◆運動保育士会のyoutubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC5QmZIKJeg750cyiYksv-Kg

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

自動代替テキストはありません。