ヘッダー画像

運動あそびの指導では少しの工夫で育つ力が大きく変わります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時、運動をするだけではなく

その中にいろいろな要素を盛り込むことで、

育てる力を大きくしていくことができます。

 

例えば、運動あそびで使う用具の準備や片付けを

手伝ってもらったりすると、仲間で協力することや

効率良いやり方を考えたりすることができ、

先生の役に立てたという気持ちも持つことができます。

 

集団あそびの時には、途中や最後に話し合いの時間を

設けることも1つのポイントになります。

子ども達で、グループ分けの仕方、ルール、作戦などを

話し合って決められるようになると良いですね。

もちろん年齢などによっては指導者がバランスを考えて決めたり、

話し合いがスムーズになるようなヒントを与えることも

必要ですが、様子を見ながら積極的に話し合いの時間を

とっていくことがとても大事です。

 

今の子ども達は自分達で遊びを考えて遊ぶことが苦手に

なっているので、ぜひこうした機会をうまく使って

子ども達の力を伸ばしていってほしいと思います。

 

今日は、私たちこどもプラスが提供している運動あそび、

「柳澤運動プログラム」の中から「カメさんゴロゴロ」を

ご紹介します。

 

子ども達はうつ伏せになり、背中を反らせて両手で足首をつかみます。

胸を張り、顎を開いて上を見るようにしてカメさんのポーズになります。

この姿勢ができたら、前後にゆらゆらと揺れてみます。

途中で「ゴロゴロ」という雷の音が聞こえたら、

素早く両手を離して床にぺたっとなります。

雷の音が止んだら、またカメさんに戻ります。

これを繰り返して遊んでいきます。

 

慣れてきたら、ひっかけで「ゴロゴロ」を「ゴシゴシ」と

言ってみたり、「ゴ…」で止めてみたりすると盛り上がります。

他にも、違う言葉で合図を出してみたりしながら

聞く力や集中力、判断力、語意力などを育てていきましょう。

 

このカメさんのポーズでは、腹筋背筋や首の筋力をとても使い、

柔軟性や瞬発力につながる力が養われます。

背中を反らす動きは普段の生活ではあまり行なわない動きで、

小学校で行なわれる全国新体力テストにある「上体起こし」と

同じ力を使う遊びなので、小さいうちから継続的に行ない

力を育てていくことがとても大切です。