ヘッダー画像

子ども達の力を引き出すには「褒め方」も大事なポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもが今までできなかったことができるようになった時、

望ましい行動をした時などは、大人は褒めることが多いと思います。

褒めることが大事、とよく言われますが、

ただ「褒めた」という事実が重要なのではなく、

その褒め方も大きなポイントになります。

 

例えば、子どもが今まではなかなかできなかった片付けを

大人に言われずにできたとします。

そんな時「すごいね!」「えらいね!」だけだと

きっとその後は続かないでしょう。

 

「絵本が綺麗に並んでてすごい!」

「自分から片付け始めてえらかったね!」

より内容を具体的に褒めてあげることや、結果だけでなく

がんばった姿勢やそこまでの過程も褒めることが大切です。

 

子ども達は身近な大人に褒めてもらうことで自信を持ち、

自己肯定感を高めながら成長していくことができます。

ぜひ、肯定的な声掛けで子ども達を伸ばしていきましょう。

 

 

今日は、私たちこどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から川の途中でタンバリンタッチジャンプ」

をご紹介します。

 

2本の縄を床に並べて、幅30cmほどの川を作ります。

この川をジャンプして跳び越えますが、ジャンプの途中で

横で指導者が持っているタンバリンをタッチしてから着地します。

 

タンバリンを出す位置は、子どもの頭より少し高い位置に

出すようにします。

高すぎたり低すぎたりしないように、子どもに合わせて

調整してください。

また、ジャンプは両足を揃えたジャンプで行うことが大事です。

タンバリンに気をとられると足への意識が薄くなって

しまいがちなので、しっかりと声掛けや見本で伝えておいてください。

 

この遊びでは、跳び箱を跳ぶ時の空中姿勢につながる力を

育てることができます。

また、跳びながらタンバリンをタッチすることで

2つの動作を同時に行なう力も養われます。

 

慣れてきたら大きなジャンプで挑戦したり、

タンバリンをタッチする時に、右手だけでなく左手でタッチしたり

両手同時にタッチするなど少しずつ難易度を上げながら

繰り返し遊んでみてください。

 

運動あそびでも、褒め方を意識することで子ども達の力を

効果的に伸ばすことができます。

下記からメルマガ登録していただくと、定期的に情報をお届けする

ことができるので、ぜひご活用ください。