ヘッダー画像

運動指導を行う団体が多い中で・・・  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動指導を行う団体が多い中で・・・

 

現在では、幼児期のお子さんを対象とした運動指導を行っている

団体が数多くあります。
それだけニーズが増えてきていることも事実なんだと思います。

 

★運動遊びを通して子ども達に身に付けてもらいたいこと
 伝えたいこと
とは何なのでしょうか?

例えば
「運動が好きになってもらいたい」
「身体機能を伸ばしてあげたい」
「身体・心を強くしたい」

 

栁澤秋孝教授が学生相手に行った調査でも、

「運動が嫌いになった」理由は「鉄棒・跳び箱・縄跳び・側転」が

幼児期に出来ず、苦手意識を持っていたから
という結果が出ています。

 

では、なぜ
「鉄棒・跳び箱・縄跳び・側転」ができると身体を動かすことが

好きになるのでしょうか?

ただ単に「僕の筋肉量が上がったから!!」

「私の身体を動かす能力が育ってきたから!!」

と思う子はいないと思います。

「鉄棒・跳び箱・縄跳び・側転」ができたことで、

人から【承認(称賛)】される。

このことで、自分の存在価値・自信をつけられるのです。

人から「すごい!」と言ってもらえる
「教えて教えて」と必要とされる

まさに、【承認】こそ運動遊びの中で子ども達に

プレゼントできるものの大きな一つだと考えています。

 

現代っ子の多くが承認を欲しています。

現代においては、技の価値観も変える必要があるのかもしれません。
例えば「逆上がり」
これは、大人が「すごい」と言う人数が圧倒的に多い遊びです。
ですので、子ども達は大人に見てもらうため、

「逆上がり」を一生懸命練習します。
でも「前回り」や「足抜き回り」を「すごい」という大人が

多くなれば、逆上がりなんてできなくても「前回り」を目指して

子ども達は頑張ります!

それは大好きな先生・お母さん・お友達に承認して欲しいからです。

 

承認欲求は持っていて当たり前の欲求です。

そしてこの承認欲求こそ、子ども達の能力を発揮するための

基礎土台となっています!

ぜひ、たくさんの承認を子ども達にプレゼントしてあげてくださいね!!

 

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?


◆運動保育士会のyoutubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC5QmZIKJeg750cyiYksv-Kg
◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。


認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp

 

YOUTUBE.COM
乳幼児期の子どもの健やかな成長のため、心と体と脳機能を育てるための運動プログラム­です。 その名も、柳沢運動プログラムです。 乳幼児期の子供の発育発達に合わせて無理の無い運動遊びを提供しています。 お問い....