ヘッダー画像

子どもの運動不足は体だけでなく心や脳の発達も抑制させてしまいます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達の運動不足は深刻で、それは体の発達だけでなく

脳や心の発達にも大きな影響を及ぼしています。

 

例えば感情コントロール能力が低下している子がとても増えています。

その子ども達に私達の提供している柳澤運動プログラムによる

運動あそびを継続的に取り組んでもらうと、

子ども達の集中力も感情コントロール力も向上するという

結果が出ています。

 

運動あそびの中で、よじ登ったり、回転したり、ぶら下がったり、

逆さまになったりすることで普段使わない筋肉を動かせるので

脳に刺激を送ることができ、発達を促すことができるのです。

体を動かして筋肉に刺激を与えることは、そのまま脳に刺激を

送ることになるので、継続的な運動あそびは子ども達の

成長発達を促していくことにつながります。

ぜひ、発達著しい幼児期の子ども達には積極的に毎日の運動あそびを

提供していってほしいと思います。

 

今日は、その運動プログラムの中から「ジグザグカンガルーカップタッチ」

をご紹介します。

 

床に1本線を引き、その線を踏まないように線の左右を
ジグザクにジャンプしながら進んでいきます。

この時、両足がバラバラにならないように

足を閉じたジャンプになるようにしましょう。
さらに、1回進むごとに指導者が持っているタンバリンを
タッチするようにします。

 

ジグザグジャンプで前に進んでいくためには、
前方向ではなく斜め前に跳ぶ意識が大事になります。
そのために足の力だけでなく、上半身も連動させて
動けることが必要です。
また、一定のリズムで連続ジャンプをするためには
腕振りもポイントになるので、最初に確認しながら

しっかり見本を見せておくようにしてください。

 

そして縄を踏まないように足元を意識しながら、
同時にタンバリンの位置も見ている必要があるので、
空間認知力や身体コントロール力、一度に複数に注意を向ける力も
育つ遊びです。

 

途中から足を閉じることへの意識が薄くなりやすいので、
足がバラバラになりやすい子には、膝の間に「魔法ののり」を
塗ってあげることで足閉じを意識しやすくしたり、

膝の間に紙やハンカチを挟んであげるのもおすすめです。
他にも、その子の苦手に合わせて動きを分解して練習したり、
声掛けや補助などを1人1人に合わせて行いながら

自分のペースでステップアップしていけるように導いていきましょう。