ヘッダー画像

子どものうちに運動好きになれるような工夫が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動とは本来楽しいもののはずですが、体育嫌い、運動嫌いの人が

多くなってしまうのは子どもの頃の経験や体験が関係しています。

「やりたくないのに強制的にやらされた」

「できないことをみんなの前で何度もやらされた」

「自分だけができなくて周りに迷惑をかけた」

などの苦い経験から体育が嫌いになってしまうのです。

 

子どもの頃に運動を嫌いになってしまうと、大人になっても

運動嫌いなままの場合が多く、なかなか運動を習慣付けることが

できません。

子どもの頃に運動を好きになれるような関わり、働きかけが

とても重要です。

 

こどもプラスでは、運動あそびを子どもの発達段階に合わせて

提供し、スモールステップで進めていくことで達成感や成功体験を

増やし、運動を好きになれるように指導を行なっています。

 

今日はその運動あそび「柳澤運動プログラム」の中から

「コウモリ予測じゃんけん」をご紹介します。

 

鉄棒に両手と膝で逆さまにぶら下がる「コウモリ」に変身したら、

手を離して指導者と予測じゃんけんをします。

予測じゃんけんは、指導者が出す手のヒントを先に伝えるので

それに勝つ手を考えて出すじゃんけんです。

 

逆さまの状態では、見える世界がすべて普段と違って見えます。

そのような状態でも、冷静にいつもと同じように置き換えて考えることで

物事を客観的に考える力や集中力が養われます。

まだ逆さまの感覚に慣れていない子は、逆さまになっただけで

慌ててしまうので、ヒントがよく聞けなかったり

出す手をよく考えられずにじゃんけんをしてしまいます。

 

その状態だと前回りや逆上がりの上達も難しくなってしまうので、

早い段階でしっかりと逆さ感覚を身に付けておけるように

逆さまになる遊びを増やしていくことが大切です。

 

 

まずは子どもの今の段階を見極めながら、1人1人に合った声掛けや

工夫をしていきましょう。