ヘッダー画像

運動習慣を身に付けるには子どものうちに運動を好きになっておくことが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「運動」が、私達が生涯健康な心身を維持していくために

欠かせないものであることは周知の事実で、

子どもの頃から体を動かすことを習慣付けておくことが大切です。

 

しかし、現代の子ども達の中にはほとんど運動をしていない

運動不足の子がとても多く、「体の使い方がわからない」

「自分の体を使いこなせない」子ども達が増えています。

これは運動面の問題だけでなく、日常生活で転びやすかったり

食事や勉強の時に姿勢を保てない、飛んできたボールを避けられず

怪我をする、など様々な問題につながります。

 

自分の体がイメージした通りに動かせるようになれば、

運動がどんどん楽しくなって自ら運動するようになるので、

まずは子ども達が「動ける体」を手に入れることができるように

働きかけていくことが大切です。

 

こどもプラスでは、柳澤運動プログラムによる運動あそびで

子ども達が楽しく体を動かし、運動を好きになれるように

導いていきます。

 

今日はその運動あそびの中から「線路グーパー跳び」を

ご紹介します。

床に、テープや縄などを使って2本の線を引き線路を作ります。

 

この線路をグーパー跳びの動きで渡っていきます。

まず腕を曲げて両手を胸につけ、足を閉じた「グー」の姿勢で

線路の中に入り、次は線路の外に両手両足を大きく広げて

伸ばした「パー」の姿勢でジャンプします。

これを交互に繰り返しながら進んでいきます。

 

線路をよく見て踏まないように気をつけながら、

大きな動作を意識して行なうようにします。

グーパー跳びがしっかりできていないと、考えることに

精一杯で前に進めなかったり、慌ててしまってグーパーの動きが

おろそかになってしまいます。

 

グーパー跳びが苦手な場合は、動きを分解して足だけの動きを

練習するようにしたり、指導者が子どもと向かい合うように立ち、

鏡のように動きを示してあげるとやりやすくなります。

子どもに合わせた方法で少しずつステップアップができるように

してみてください。