ヘッダー画像

幼児期の運動は生きるための基礎力を総合的に育んでくれます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保護者の方の多くは、運動を不要とまでは思っていないものの

知育や早期教育などに比べると、優先順位としては低く

そこまで重要視していないことが多いと思います。

 

しかし、運動が子ども達の心や脳の発達に大きく関係していて、

結果として学力向上や良好な人間関係の構築などにも

つながってくるということを知っておくことが大切です。

また、運動をすることで日常生活の中でも怪我や事故から

身を守る能力も身につき、子ども自身を守ることにもつながります。

 

運動だけ、勉強だけ、ではなく両方を効率よく取り入れ、

総合的に子ども達の発達を促していくことが大切です。

 

こどもプラスでは、子ども達の体・心・脳の発達を促す運動あそび、

柳澤運動プログラムを提供しています。

今日はその運動あそびの中から「ジグザグ動物歩き」をご紹介します。

 

2本のビニールテープや大縄などで、幅のあるジグザグの道を作ります。

幅は一定ではなく、広いところや狭いところを作っておきます。

まずはこのコースの中をジグザグに歩いて進んでいきます。

次からは、四つんばいから膝とお尻を上げて歩くクマ歩き、

そこから片足を上げて歩く片足クマ歩き、

両足ジャンプのうさぎジャンプやカンガルージャンプなど

いろいろな動物の動きで進んでみましょう。

 

子ども達はついスピードを競いたくなると思いますが、

アレンジをする時は速く進むアレンジではなく、

コースの幅を狭くしたり、コースの線をコーンやカップなどで

作ることで、空間認知力や身体コントロール力、イメージ力などを

養えるようにしてみてください。

 

いろいろな動物の動きに挑戦し、フラフラせずスムーズに

ジグザグコースを進めるように繰り返し遊んでみてください。