ヘッダー画像

子どもの学力向上、体力向上には「朝ごはん」が重要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの「朝ごはん」の重要性については以前から言われていますが、

実際に朝ごはんを食べている子と食べていない子では

体力・運動能力・学力にも影響が出ることがわかっています。

やはり規則正しい生活習慣がとても大切で、

朝ごはんをしっかり食べている子はそれ以外の早寝早起きなどの

基本的な生活習慣も整っていることが多いので、

自然と良い循環につながりやすくなります。

 

子ども達が自らの意識で生活習慣を整え改善していくことは

難しいので、大人が規則正しい生活リズムを獲得できるように

導いていくことが大切です。

 

早寝早起き・朝ごはんを習慣付けるために「運動」は

とても重要になってくるので、子ども達が体を動かすことが

できるように働きかけていきましょう。

 

今日は、こどもプラスで提供している運動あそび、

「柳澤運動プログラム」の中から「イメージカンガルーカップタッチ」

をご紹介します。

 

赤や緑、黄色など複数の色のカップをランダムに床に配置します。

子どもは両足を閉じてジャンプするカンガルーさんになり、

指示された色のカップをタッチしていきます。

色の指示は「赤」ではなく食べ物や物に例えて

「バが付く甘くて細長い食べ物の色」

「火事で活躍する乗り物の色」のような言い方で表現します。

 

イメージ力や理解力、判断力、語意力や語彙力、

そして集中力が強く育つ遊びです。

楽しいと集中力がさらにアップするので、子ども達に合わせて

難易度調整やアレンジを加えながら遊んでみてください。

 

また、カップにタッチする時はしゃがんでタッチするので

スクワットのような動きができ、下半身を中心に鍛えることもできます。

急いで行なうと動きがおろそかになるので、

慌てず正確に行なうことを大事にして、より効果的な

運動あそびにしていきましょう。