ヘッダー画像

子どもが集中して勉強や運動に取り組める工夫が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近、集中力が持続しない子ども達が増加しています。

一般的に子どもの集中力は短く、10~15分ほどとされていますが、

この短時間でさえ集中力が保てない子が増えていて

問題視されています。

 

集中して取り組めるかどうかで、

勉強でも運動でもその効果には大きな違いが出てきます。

まずは子どもが集中できるような環境作りをすること、

そして誰でも好きなことや楽しいことには集中しやすいので、

子どもが興味を持てる工夫をすること、

睡眠不足などを避けて体調を整えることなどが大切になります。

 

私達はさらに集中力を高めるために、運動と学習を組み合わせて

子ども達に提供しています。

やり方は、学習に向かう前に運動あそびで軽く体を動かし、

その後数分体を静止させてから学習に取り組みます。

こうするだけで脳が集中しやすい状態になるので、

効率があがります。

大人でも子どもでも同じなので、ぜひ取り入れてみてください。

 

今日は、こどもプラスが提供している運動あそび、

柳澤運動プログラムの中から「棒くぐり」をご紹介します。

 

縄や棒を使って低い高さの障害物(罠)を作ります。

子ども達はうつ伏せのワニ歩きでこの罠の下を

くぐり抜けて遊びます。

ワニ歩きは、うつ伏せで胸までしっかり床に付け、

両手はパーに開いて交互に前に出して体を引き寄せながら、

足も交互に動かして地面を蹴りながら進んでいく動きです。

 

罠の設定なので、罠に当たらないようにくぐることを

動機付けするために「罠に当たるとつかまっちゃうよ」と言って

指導者が罠の近くで見張っているのも効果的で、

子ども達もとても楽しみながらできるのでおすすめです。

 

ワニ歩きでスムーズに進むためには手と足を上手に動かすことが必要です。

腕の力で体を引き付けること、足を股関節から大きく開いて

指先で地面を蹴ることがポイントになります。

また、罠に頭や背中、お尻などが当たらないように、

体の見えない部分にまで意識を向けて動く力も大事です。

 

この遊びでは、鉄棒や跳び箱などいろいろな運動の上達につながる

基礎的な力を養っていくことができるので、

ぜひ楽しめる工夫、アレンジをしながら繰り返し遊んでみてください。