ヘッダー画像

子ども達の生活習慣の乱れは将来の心と体の健康も左右します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

近年は、毎日運動をしている子と運動をしない運動不足の子、

食べ過ぎなどによって肥満の子とダイエット思考の低年齢化で

やせ過ぎの子など、子ども達の様々な面での二極化が見られます。

 

こうした生活習慣の問題は改善するのが大変で、

そのままの生活を続けることでメタボ予備軍やロコモ予備軍を

増やしてしまうことにつながります。

 

食事や運動、睡眠といった基本的な生活習慣は、

子どものうちにしっかりと身に付けておくことが

その後の体や脳の発達、心身の健康面でもとても重要になります。

できれば就学前に、早寝早起き朝ごはんや毎日の適度な運動を

習慣付けておけるように大人が導いていくことが大切です。

 

体を動かせば自然とお腹が空いてしっかりご飯が食べられて、

夜も早く眠れて朝すっきり起きられるという良い循環に

つながりやすいので、日中に運動あそびで適度に体を動かして

遊ぶことの継続をおすすめしています。

 

今日は私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「ポイントジャンプ」をご紹介します。

 

A4サイズほどの大きさに切ったダンボールやヨガマットなどを

複数用意し、飛び石のように間を空けてランダムに配置します。

これを石に見立てて、石の上だけを跳び移って渡っていきますが、

必ず両足を揃えてジャンプするようにします。

足がバラバラになるとあまり力を使わずにできてしまうので、

足の力も腹筋背筋もしっかりと育てることができません。

子ども達は途中で忘れてしまうことが多いので、

声掛けをしたり膝の間にハンカチなどを挟んだりして

足を閉じたジャンプができるようにしましょう。

 

 

また、石と石の距離をランダムに配置することで、

跳ぶ時にその都度頭の中で動きのシュミレーションがされて

空間認知力を強く育てることにつながります。

そして、石と石の距離や必要なジャンプの大きさ、力の入れ具合、

次のジャンプに備えた着地時の姿勢やゴールまでの道順などを

考える力も養われます。

 

慣れてきたら、石に色をつけて

「青い色だけ渡る」「赤→青→黄の順番で渡る」

「赤は爆弾だから乗ってはいけない」

「ゴールまで4つの石しか乗ってはいけない」など

いろいろな条件をつけて遊んでみてください。

全員同じルールではなく、子どもに合わせたアレンジがポイントです。

 

また、石から落ちないように意識付けるために、

子ども達は忍者になり、「周りは池だから、落ちて音がすると

敵に見つかってしまう」という設定も効果的でおすすめです。

 

 

ぜひいろいろな遊び方で遊んでみてください。