ヘッダー画像

幼児期は神経系の発達を促せる「遊び」の時間を増やすことが大事です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今は子どもが小さい頃からスポーツ系の習い事やクラブに通わせる

というケースがとても増えています。

しかし、幼児期など低年齢のうちに特定のスポーツに絞ると、

運動神経を高めることにならないのでかえって子どもの可能性を狭めたり、

まだ体が出来上がっていない時期に同じ部位ばかりを使うことで

体を壊したりするリスクがあります。

 

特定のスポーツの技術を高めるのは、幼児期には向きません。

専門性を高めるのはもっと先で、幼児期から小学校低学年頃の

時期は神経系の発達を促す「遊び」が必要な時期です。

 

外遊びが最適ですが、現代の環境では難しい場合もあります。

できる限り増やしながら、同時に運動あそびも活用していって

欲しいと思います。

 

私達は幼児期の子ども達の発達に最適な運動あそび

「柳澤運動プログラム」を提供しています。

今日はその運動あそびの中から「動物フープ渡り」を

ご紹介します。

 

フープを複数用意し、少し間を空けて床に並べておきます。

このフープの中だけをクマやカンガルー、カエルなどの

動物に変身して渡っていきます。

最初はクマ歩きから始め、慣れたら違う動物でも行なってみましょう。

 

気をつけるポイントは、フープに手足が当たらないことです。

速くゴールすることよりも、フープに当たらずに

正確に進めるのが大事ということを伝えてください。

 

 

フープに当たらないようにに進むことで、空間認知力や先を読む力、

身体コントロール力が効果的に養われ、

速く進みたい気持ちを抑えて正確に進むことで、抑制力や

集中力も育てていくことができます。

コースを作る時にはまっすぐ進むだけではなく、

 

斜めに進むこともできるようにフープを配置しましょう。

 

子ども達は慣れてくると、だんだんスピードを競いたくなってくる

ことが多いので、ルールや設定を変えていくことで

スピードを抑えながらも楽しさは維持できるように

工夫していくのもポイントになります。

 

ぜひ子ども達と一緒に、楽しい運動あそびを作り上げてみてください。