ヘッダー画像

赤ちゃんにとっての言葉とは? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

赤ちゃんにとっての言葉とは?

 

赤ちゃんにとって、お父さんお母さんと言葉を使って

会話をするのはまだ難しいです。

赤ちゃんの発するサイン(泣く)に家族が答えてあげるのが
会話の第一歩です!

 

昔から、赤ちゃんにはシャワーの様に言葉を浴びせてあげることが

大切であると言われてきました。

一度はこの言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

しかし現代ではテレビやスマートフォン・CDからの

言葉のシャワーを多く受けている子ども達もいるようです。

確かに言葉に触れさせてあげることはとても大切です!
ただ、大切なのは生の言葉に触れさせてあげることです。

TVや音声玩具からの音ではなく、大好きなお父さんお母さんが

目の前で話してあげる!
これがポイントになってきます!

 

ワシントン大学の神経科学者パトリシア・クール教授らは
「英語を話す家庭の生後9カ月の赤ちゃんに中国語を聞かせる」
という実験を行いました。

実験では、赤ちゃんを3つのグループに分けました。
【グループ①】
中国語が母語の保育士さん達が遊び相手(本を読み聞かせ等)をする。
【グループ②】
①と同じ保育士さん達が中国語を話す映像をビデオで見せる。
【グループ③】
映像は見せず、①と同じ保育士さん達が話す中国語を

録音した音声だけを聞かせる。

すべてのグループに12回のセッションを受けさせた後、

中国語の似通った音声を聞き分けられるか、脳磁計を使って

テストを行いました。

 

結果は…

【グループ①】の生身の触れ合いがあったグループは、

中国語を母語とする人達と同様に音声を聞き分けられました。

ところが【グループ②・③】の映像や音声だけで見聞きし、

実際の触れ合いがなかった2つのグループは、中国語の音声を

まったく判別できなかったのです。

つまり、テレビやCD、インターネットやスマートフォンで

いくら言葉を聞かせても、あまり効果は期待できないのかもしれませんね。

 

やはり一番大切なのは家族から直接降り注がれる言葉のシャワーです!

子ども達には、テレビなどの間接的な言葉のシャワーではなく、
直接的な生の言葉のシャワーをたくさん浴びせてあげたいですね♪

 

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?

 

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp