ヘッダー画像

運動保育士が親子遊びで意識しているポイントを教えちゃいます! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動保育士が親子遊びで意識しているポイント!
を教えちゃいます!

 

私たち運動保育士は保育園・幼稚園での正課指導だけではなく、
親子ふれあい遊びや、親子レクリエーションでも運動遊びを展開しております。

そこで、私たちが意識している点はなんだと思いますか??

お子さんが楽しんでいるという点は大前提ですが、
お父さんお母さんにどれだけ笑顔になってもらえるかという
点もとても重要視しています。

 

では、なぜお父さんお母さんの笑顔が重要なのでしょうか?

以前にも紹介したピグマリオン効果との関係もありますし、
ミラーニューロン・共感性とも深い関係があります。

まず、脳に影響を与える3つのポイントとして
①言葉
②行動
③表情
があります。

子ども達の脳の成長にとって身近なお父さんお母さんの表情は
とても影響力が強いです。

もし、一緒に遊んでいる大好きなお父さんお母さんが
「つまらなそう」「怒っている」「興味が無さそう」
な顔をしていたら、「興味・関心・好奇心・やる気」は
湧き上がってくるでしょうか?

 

【笑顔は人を幸せにする】と言いますが、これは間違いです。
【笑顔は自分と相手を幸せにする】が正しいです。

笑顔によって、相手に安心感や、承認を与えることができるに加え、
自分自身の
・免疫力の向上
・アンチエイジング効果
・ストレス解消
・脳の活性化
・睡眠の質を高める
など様々な良い効果が科学的に分かっているからです。

笑顔によって顔の口角がもち上がると、大脳辺縁系という部分が

刺激され、”幸せ物質”である「エンドルフィン」「ドーパミン」

「セロトニン」というホルモンが放出されます。

そのホルモンによって上記のような良い効果が得られるのです。

これが、運動保育士が親子遊びで意識しているポイントの一つです!

 

また、
「毎日仕事で忙しくて…」
「嫌なことが重なって…」
「笑う気分じゃないし…」
自然と笑顔が出ないときもありますよね!

朗報です!
なんと!!

作り笑顔でも自然の笑顔と同等の効果があることが

最近の研究で分かってきています!

もし、運動保育士が実践する親子遊びに参加していただける機会が

ありましたら、満開の笑顔・満開の作り笑顔でご参加くださいね^^♪

 

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?

 

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp