ヘッダー画像

幼児期に習得した運動能力が今後の運動能力の基礎になります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期は脳の神経系の発達が最も活発な時期で、

この時期にポイントを押さえた運動あそびを行なうことで

より効果的に運動能力が伸び、運動神経の良い子に育ちます。

 

幼児期に身につけた運動能力が、小学校中学校と進んでいく中で

運動技術の上達につながる基礎になるので、

全身を使った運動、手足を使った巧緻性を高めるような運動など

遊びの要素を取り入れながら楽しく提供していきましょう。

 

今日は私達こどもプラスが提供している「柳澤運動プログラム」の

運動あそびの中から「障害物つなわたり」をご紹介します。

 

床に縄を置き、その上にランダムに障害物を置いていきます。

障害物は、スリッパやぬいぐるみ、紙コップなど

万が一踏んでも危なくない物を用意してください。

 

子どもはこの縄の上を、障害物に当たらないように

またいで避けながら、つなわたりのように渡っていきます。

障害物があることで、ただ縄から落ちないように渡る時よりも

強いバランス力が必要になり、障害物を避けるための

空間認知力も養うことができます。

 

障害物は、いろいろな形、大きさ、高さの物を用意し

始めのうちは少なめの数で間を空けて設置します。

少しずつ数を増やして間隔を狭めたり、高さのある物にして

難易度を上げていきます。

子ども達が「やってみたい」と思えることが大事なので、

ストーリー性を持たせるなどの方法で

子ども達の興味をひきつけるのもポイントです。

 

ただ、障害物を避けることばかりに意識がいってしまうと

腕が下がってきてバランスがとりにくくなり、

縄から落ちやすくなってしまいます。

慌てなくて良いので、最後まで腕を肩の高さに上げて

バランスをとりながら行なうように声掛けをしてください。

 

こうした遊びで、上半身でうまくバランスがとれるようになると、

大縄跳びなどでの連続ジャンプが上達するなどの効果もあります。

 

子ども達に合わせて楽しい運動あそびを提供し、

幼児期に身に付けておきたい力をしっかりと身に付けて

いけるよう働きかけていきましょう。