ヘッダー画像

子どもの年齢や発達段階に合わせた遊び・関わり方で成長を促していきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は5歳頃になると、友達と協力したり順番やルールを守って

遊ぶことが上手になってきます。

しかしまだ自分の欲求が抑えられない部分もあるので、

友達と言い争いになったり、つい手がでてしまって

トラブルになるということも起こってきます。

 

こんな時すぐに大人が間に入って仲裁してしまうと

子どもの成長を妨げてしまう場合があります。

トラブルになった時は、子どもが自分の気持ちを抑えて

周りに合わせることを覚えたり、他の子が仲裁役をかって出たりと

子ども達が自分達で問題を解決していく力を育てるチャンスです。

危険のない限りは近くである程度見守ることも大切です。

 

こどもプラスでは子ども達に運動あそびを提供していますが、

その中でもこうしたことを大事にしながら指導を行なっています。

 

今日は、私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「プチリレー」をご紹介します。

 

子ども達をいくつかのチームに分けて、リレーを行います。

ただ走ることが目的の遊びではなく、チームの友達との仲間意識や

社会性を高めていく遊びなので、狭くなければ屋内でも十分です。

 

自分のチームの友達を覚えて、今自分のチームが何位なのか、

自分の順番はいつかなどをしっかり把握して

スムーズにバトンの受け渡しができるようにしましょう。

 

コースは直線や円のコースの他にも、三角コーンなどを使って

ジグザグコースにしたり、タッチするポイントや

ジャンプするポイントなどを作ってコースをアレンジすると、

走るのが苦手な子でも楽しめるのでおすすめです。

 

チーム内で協力したり応援し合う、教え合うなどの中で

社会性が育っていくので、話し合いの時間を設けたりしながら

子ども達の様子に合わせて提供していってください。