ヘッダー画像

子どもは遊びの中で体幹を鍛え体の使い方を覚えていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近は、体幹の筋力が弱くて姿勢を保てない子や

かけっこでまっすぐ走れない子、体の使い方がぎこちない子などが

とても多く見られます。

 

子どもは、体を使って遊ぶことで体幹機能を身につけていきます。

大人のように腹筋運動をしても効果はありません。

もし腹筋運動によって腹筋がついたとしても、

その筋肉の使い方まではわかっていないのでうまく使うことができません。

 

子ども達が遊びながら体幹を使う時は、無意識にその使い方を

学習していくので効果的なのです。

これは体幹に限った話ではありません。

大人が教えたりやらせて学習させるのではなく、

子どもが自らの体験や経験の中で学習し、習得していくということが

とても大切で、効果的な方法です。

 

こどもプラスでは運動あそびを提供していますが、

子どもが自らやりたいと思いながら楽しく取り組めることを

大事にしています。

そうすることで、子ども達が身につけられる力は何倍にもなるからです。

 

私達が提供している運動あそび、柳澤運動プログラムの中から

「サルのカップキック」をご紹介します。

 

子どもは両手で鉄棒につかまり、脇を締めて肘を曲げた状態で

ぶら下がる「おサルさん」に変身します。

 

指導者は子どものお腹くらいの高さに、赤と青など2色のカップを

横に並べて出し、どちらのカップをキックするかを伝えます。

子どもは指示された色のカップを素早くキックします。

キックは両足を揃えた両足キックが理想ですが、

難しい場合は片足キックでも構いません。

 

大事なポイントは、肘を曲げた状態で行なうことです。

肘が伸びていると左右にキックを出そうとしても

下半身しか動かせないので、狙った位置に足を出すことができません。

脇を閉じて肘を曲げることを意識しやすいように、

「魔法ののりを塗ってあげるね」と言って脇を触ってあげると

どこに意識を向ければ良いのかがイメージしやすくなるので、

ぜひやってみてください。

 

スムーズにできるようになってきたら、キックするカップの色を

「トマトの色」と指示することでイメージ力を刺激したり、

「赤→青の順番にキック」と記憶力を刺激するような指示でも

行なってみてください。

 

筋肉に力を入れた状態で思考をすることで、

2つのことを同時に処理する能力が高まり、

日常生活でも役立つ力になっていきますよ。