ヘッダー画像

子どもの集中力を高める工夫や取り組みが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近、集中力の続かない子ども達がとても多く見られます。

一般的に子どもの集中力は大人よりも短く、

10~15分ほどとされていますが、この短時間でさえ集中力が

保てない子が増えています。

 

勉強でも運動でも集中して取り組むことができるかできないかで

その効果には大きな違いが出てくるので、

まずは子どもが集中できるような環境作りをする必要があります。

そして、好きなことや楽しいことには集中しやすいので、

子どもの興味に合わせた工夫をすることもポイントになります。

 

こどもプラスでは子ども達に運動あそびを提供し

運動指導を行なっていますが、子ども達の興味を引き付け、

子どもが「やってみたい」と思えるような工夫をしながら

より効果的な活動を心がけています。

また、運動には集中力を高めてくれる効果もあります。

 

今日はこどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「すずめの飛び立ち」をご紹介します。

 

まずは「すずめ」の姿勢になります。

鉄棒につかまって飛び乗り、肘を伸ばして顔は前に向けます。

足は揃えてまっすぐ伸ばします。

 

このすずめの姿勢から、両足を前後に振って反動をつけ

タイミングよく後ろにジャンプして降ります。

着地ではフラフラしないように、少し膝を曲げてクッションを

使いながら体をピタッと静止できるようにします。

 

両足を揃えたまま振るので、足の内側の筋肉や腹筋・背筋も

しっかりと養うことができます。

リズムよく足振りができるように「1,2,3」と

声掛けをしてあげるとやりやすくなります。

 

この時、足が大きく振れていなかったり「1,2,3」の声に

タイミングが合わせられない子は、落下のリスクが高くなり、

後ろにジャンプする時もジャンプしきれずに鉄棒に顎や顔を

ぶつけてしまうことがあります。

子どもをよく見ながら、必ず補助について安全に楽しく

遊べるようにすることも大事です。

 

 

1つ1つ段階を追ってステップアップしていくことで

確実に力をつけながら、自信を持って運動に取り組めるように

工夫をしていきましょう。