ヘッダー画像

子どもが継続して何かに取り組むためには楽しいことがポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもでも大人でも、何かを継続していくためには

好きな活動や楽しいと思える活動であることがポイントになります。

どんなに効果のある良い活動でも、楽しくなければ大人でも

継続してがんばることは難しいですよね。

子どもなら尚更です。

 

子ども達にとっての楽しいことといえば「遊び」です。

遊びは楽しいから夢中になり、知恵を絞って追求したり

疲れも忘れて一生懸命がんばります。

そして、こうした夢中になれる遊びから身につけられる力は

大きく、また定着しやすいものになります。

 

こどもプラスでは、子ども達に運動あそびを提供しています。

子ども達が興味を持ちやすい動物の動きを真似ながら、

楽しいルール設定や豊富なアレンジ、

そして1人1人の発達段階を見極めながら指導をしています。

 

今日は私達の提供する柳澤運動プログラムの中から

「芋虫バランス」をご紹介します。

 

2本の平均台を横にくっつけて並べ、その上にうつ伏せで乗り、

両手と両足で平均台の横を挟みます。

そして両手を前に出して体を引き付けるようにして進みます。

最初のうちは足の力も使って構わないので、

平均台から落ちないようにバランスをとりながら進みましょう。

 

つい足への意識が薄くなってしまいがちですが、

足に力を入れられていないと下に落ちてしまいます。

足の方が不安定で落ちやすいので、しっかりと足まで意識を向けて

行なえるように伝えてください。

 

まだうまく進めない子には、床に縄を置いて縄をつかみながら

進んでいく遊びや、仰向けやうつ伏せの状態で縄の端をつかんで、

指導者が反対側の縄を持って引っ張っていくような遊びを多く取り入れ

腕を引き付ける力や腹筋背筋を養ってあげてください。

 

腕を引き付ける力は、昔は遊びの中で自然と身につけられていましたが、

今はなかなか育ちにくくなっている力の1つなので、

運動あそびとして取り入れ育てていくことが必要になっています。