ヘッダー画像

子どもの想像力は無限大…  脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの想像力は無限大…

 

これは、お世話になっている幼稚園の園長先生から

お聞きしたエピソードです。

新入園児で幼稚園に入ってきた年少組のAくんはどうしても

トイレが怖く、トイレに入ることができなかったそうです。

Aくんがトイレに入れない日は続き、幼稚園の先生方はトイレに

お花のイラストを貼ったり、キャラクターを貼ったりしたそうですが、

Aくんはトイレに入ることができない日が続きました…

Aくんに理由を聞いても「トイレが怖い」「怖いから嫌だ」
としか言ってくれません。

 

皆さんはどうしてAくんがトイレを怖いと思っていたか
わかりますか??

ヒントは子ども達の想像力溢れた物の捉え方にあります!

ある時、Aくんの担任の先生が普段のように

「Aくんはどうしてトイレが怖いの」と聞くとAくんが答えました。

「トイレに怪獣がいる、食べられちゃう」
と教えてくれたそうです。

壁に貼った、キャラクターが怪獣に見えたわけではありません。

 

先生がAくんとトイレの前まで行き、
「どこに怪獣がいるの?」と聞くと、Aくんは「あそこ」
と怖がりながらその方向を指さしました。

そこにあったのは個室トイレの便座と便フタです。

どうやらAくんには、トイレの便座と便フタが口を大きく開けて

待っている怪獣に見えていたようです。

 

それ以来、幼稚園では全ての便座の便フタを外したそうです。

そして、Aくんはトイレで用を足せるようになったというエピソードです。

この話を聞いて改めて子ども達の想像力の豊かさに気付かされました!!
私たち大人が忘れかけている素晴らしい感性を子ども達は持っています!

 

運動遊びでも同じです。
ちょっとしたストーリーや環境設定で、いつものホールが

ジャングルに変わったり、遊園地に変わったりもします。

ただ、やらせるのではなく子ども達の創造力を生かした設定を

行うことで、運動遊びは何倍にも楽しいものになりますよ!

ぜひ、普段の運動遊びでも意識してみてくださいね♪

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?

 

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp

 

 

 

自動代替テキストはありません。