ヘッダー画像

子どもの睡眠不足は心身の発達や学力にも多くの悪影響を与えます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

近年、日本の子ども達の睡眠不足が問題視されています。

原因は、夜型の生活習慣や運動不足など様々な要素があります。

 

小さい頃から大人と一緒に夜型の生活を送っていると、

体調不良、イライラ、集中力や記憶力の低下などにつながり

それが子どもの心や体、脳の成長発達に及ぼす影響は甚大です。

 

幼児期は正しい生活習慣を身に付けておくべき大切な時期なので、

早寝・早起き、朝ごはん、日中の適度な運動、早めの夕食や

スマホやテレビ、ゲームなどメディアを控えめにするなど

大人の働きかけで、子ども達の生活リズムを整えていくことが大切です。

 

私達こどもプラスでは、そんなことも大事にしながら

子ども達に運動あそびを提供していきます。

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「大きいスキップ」をご紹介します。

 

腕を振ってリズミカルに大きなスキップをします。

速く進むことが目的ではないので、太もも高く上げて

上に跳ぶイメージで大きなジャンプになるように意識しましょう。

 

大きなジャンプをするためには腕を振ることがポイントですが、

腕を大きく振ると今度はバランスを崩しやすくなります。

そこで、バランスをとる腹筋や背筋が必要になってきます。

 

繰り返し行なうことで下半身の筋力や体幹の筋力が養われ、

日常生活での姿勢改善にもつながります。

普段姿勢の気になる子が多ければ、ぜひ毎日スキップ遊びを

継続して取り入れてみてください。

やり方次第で運動量も確保しやすいので、おすすめです。