ヘッダー画像

幼児期に身につけた力は生きていくための土台になります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもが産まれてから小学校入学までの時期を「乳幼児期」といい、

この時期に人として生涯生きていくために必要な能力の

土台が形成されます。

 

生活習慣もその1つで、幼児期にその子の発達段階に合わせて

働きかけていくことでスムーズに習得が目指せます。

また、きちんと身につけた生活習慣は確実にその後の生活や健康面、

学力などにも良い影響を与えることもわかっています。

 

子どもが自ら生活習慣を正していくことは難しいので、

大人が良い方向にしっかりと導いていくことが大切です。

 

早寝早起きのために重要なのが、日中の適度な運動です。

こどもプラスでは、幼児期の子ども達に最適な運動あそび、

柳澤運動プログラムを提供しています。

 

その中から「跳び箱の上を移動」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を用意して少し間を空けて並べます。

 

まず低い方の跳び箱に乗ったら、高い方の跳び箱に移動します。

最初にのうちはゆっくりまたいで移動し、

慣れてきたら軽くジャンプして飛び移ってみましょう。

そしてしっかり着地まで行うことが大事なので、

着地点にはフープなどを置いておくと良いかもしれません。

 

低い→高いから、高い→低いにも挑戦し、

複数の跳び箱や丸めたマットなどを使って、

次第に長い距離を渡っていけるようにしてみましょう。

 

跳び箱の1段や2段という高さでも、普段高いところに

登って遊ぶ経験のない子は怖くて体が強張ってしまうことがあります。

その場合は手をつなぐなどの補助をしてください。

 

スピードを競うものではないので、飛び移ったらその都度

足の先で踏ん張り、1つ1つの動きを丁寧に行なうように

見本を見せながらしっかりと伝えておきましょう。

 

また、子ども達がすぐに飽きてしまわないように工夫して

遊ぶことも大事なポイントです。

遊びを組み合わせたり、ルールを加えたり、子ども達の興味に

合わせて遊びを変化させ、いつも子ども達が「やってみたい」と

思いながら参加できるような遊び作りをしていきましょう。