ヘッダー画像

幼児期は体の発達に合わせた運動あそびで運動神経の発達を促しましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

小学生になる前から、子どもにスポーツ系の習い事をさせている

家庭はとても多くなっています。

スポーツは体力向上のためにとても良いですが、

小学校低学年のうちは、まだ呼吸器や循環器系の発達が十分ではなく

長時間の運動やトレーニングのようなハードなものは向きません。

 

それよりも、脳の神経細胞の発達を促せるような多種多様な

動きを行なうのが効果的な時期です。

また、まだ集中力が短く好奇心が移りやすい時期でもあるので、

遊びの要素を取り入れた運動あそびで多様な動きや感覚を習得し、

運動神経を高めていくことが大事です。

 

こどもプラスでは、子ども達の年齢や発達段階に合わせた運動あそび

柳澤運動プログラムを提供しています。

今日はその運動あそびの中から「跳び箱からフープ内ジャンプ」

をご紹介します。

 

2段くらいの低めの跳び箱を用意し、跳び箱のすぐ近くに

フープを1つ置いておきます。

子どもは跳び箱に乗り、両足を揃えて腕を振ってジャンプし、

フープの中に両足で着地をします。

 

着地の時に足がバラバラになったり、ふらつかないように

両足を揃えてぴたっと静止できるようにしましょう。

膝を曲げてクッションをうまく使い、衝撃を吸収できることも

ポイントになります。

 

この遊びでは、まずは高所感覚が育ちますが、

フープ内にジャンプをすることで距離感を把握する空間認知力や

それに合わせたジャンプをするために身体コントロール力が

向上します。

これによって自分の身体を思い通りに動かすことができるようになります。

 

レベルアップをする時は跳び箱を高くしたり

フープの位置を遠くにしすぎると危ないので、

難易度を上げながらも怪我のリスクは上げない工夫が大切です。

例えば、フープの位置を左右にずらしたり、

フープを2つ3つとつなげて着地の後に連続してジャンプができるように

するなどのアレンジがおすすめです。

 

子ども達の育てたい力に合わせて、運動あそびを効果的に

提供してみてください。