ヘッダー画像

勉強でも運動でも子どもの頑張りを認めてあげることが力を伸ばすことにつながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの学力を伸ばしたいと思う保護者の方は

とても多いと思いますが、本人がやりたくないのに

「勉強しなさい!」と言って無理にやらせるのは一番良くありません。

大人に言われて仕方なくやっているのでは、

大人が言わなくなれば当然やらなくなります。

 

  

子どもは、頑張りを評価されたり認めてもらえると

それが大きな自信になり、自主的に行なうようになります。

なので、勉強をすることによって認めてもらえることで、

自分からどんどんやるようになっていくので

そういう姿勢を小学生の頃に作って上げられることが大切です。

 

 

運動でも勉強でも、こちらに従わせるのではなく

子ども自身が自主的にできるような働きかけを大切に

していきましょう。

 

こどもプラスでは、子ども達が自ら取り組めるように

工夫した運動あそび、柳澤運動プログラムを提供しています。

 

今日はその運動あそびの中から「焼いも洗い機」をご紹介します。

まずは「焼いもごろごろ」をして遊びます。

 

マットに横向きに寝転がり、両手はバンザイのように上げて伸ばし、

足もまっすぐ伸ばして閉じておきます。

そのまま横向きにごろごろ転がって遊びましょう。

 

焼いも洗い機では、子どもがマットの上で焼き芋の姿勢に

なったら、指導者が子どもを転がしていきます。

慣れてきたら、勢いをつけて転がしたり

ちょっとした坂から転がして遊んでみてください。

 

指導者に転がされることで、自分で転がる時よりも

回転スピードが上がります。

そうすると手足が開いてバラバラになってしまったり、

体が曲がってしまいやすくなります。

しっかりと体に力を入れて、体をまっすぐに保ったまま

転がっていけるように声掛けをしましょう。

 

何気ない動きですが、繰り返し行なうことで腹筋や背筋を

養い、全身の筋力や感覚をコントロールする力が身についてきます。

この後の様々な動きの基礎になる力を身につけることが

できる遊びなので、ぜひ楽しく繰り返してみてください。