ヘッダー画像

子どもの姿勢が直らないのは筋力不足が原因かもしれません。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの姿勢の悪さが気になっているという保護者の方は

とても多いと思います。

背もたれに寄りかからないと座っていられなかったり、

足をだらしなく広げていたり、頬杖をついているなど

注意をすればその時は直しますが、またすぐに戻ってしまうことが

多いと思います。

 

いくら注意をしても直らないのは、正しい姿勢を保持するのに

必要な筋力が不足しているのかもしれません。

正しい姿勢を作るのに必要な、腹筋や背筋といった力が

備わっていないのに、「背すじを伸ばしなさい」と言うのは

無理があります。

 

子ども達は遊びの中で日常生活に必要な力を身に付けていくので、

今の子ども達には運動あそびがとてもおすすめです。

私達こどもプラスでは、柳澤運動プログラムによる運動あそびを

提供し、子ども達の体・心・脳を育てていきます。

 

その運動あそびの中から「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

子どもは平均台の上に乗り、しゃがんで横向きのカニ歩きをします。

背すじを伸ばしてつま先歩きで、両手は顔の横に上げてチョキにしておきます。

 

しゃがんで前向きに歩く場合は膝とももを前後に動かせば良いので

そこまで難しくありませんが、横歩きでは足の稼動箇所が

制限された状態で膝を横に動かす必要があるので、

よりバランス力や足の踏ん張り力が必要になり難易度が高くなります。

 

通常バランスをとるためには腕を使いますが、

顔の横でチョキに固定しているのでそれができにくい状態になります。

そのため、全身の筋力を調整してバランスをとる力が強く育ち、

体や感覚の成長を促すことができます。

それによって、普段先生の話を聞く時に体を止めて聞く力につながります。

 

バランス力や足の踏ん張り力が弱い子は、すぐにバランスを

崩してしまうので、手をチョキにしなくても構いません。

平地で練習をしたり指導者が手をつないで

補助をしながら行なってみてください。

 

背中を伸ばした姿勢を意識して行なうことで

背筋力を育てることにつながるので、こまめに声掛けをしたり

子ども達が自主的に行なえるように工夫をしながら

遊んでいきましょう。