ヘッダー画像

小学校の体力テストの結果は毎日少しずつの運動あそびで向上します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の日常の中に「ジャンプ遊び」を取り入れることで、

小学校で行なわれる体力テストの中の「シャトルラン」や

「50メートル走」、「反復横跳び」などの成績が向上します。

 

そのためには何よりも、子ども達が楽しみながら継続的に

取り組めることが重要になります。

敢えて運動の時間を作らなくても、日常の活動の中に

うまく組み込むことで無理なく毎日行なうことができるので、

子ども達に合わせたやり方を考えていきましょう。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

年少さん頃から行なえる「カエルの縄越え」をご紹介します。

 

床に縄を置いたり、高さ5センチほどのゴム紐の障害物を

子ども達に合わせて用意します。

1本だけでなく、間隔を空けて複数設置してください。

 

子どもは足を開いてしゃがみ、両手の指をパーに開いて

真ん中についたカエルさんの姿勢でこの縄を跳び越していきます。

手と足が同時にジャンプして構わないので、

着地も足だけでなく手も一緒につくようにしましょう。

 

カエル跳びの動きでは、主に跳躍力を養うことができますが、

全身のクッションを使うこともでき、体の調整力が向上します。

また、障害物があることで空間認知力や身体コントロール力なども

しっかりと育てることができます。

 

子ども達の発達を見ながら、段階を追って進めていくことが

より効果的に力をつけるポイントになるので、

まずは子ども達をよく観察することが大切です。

そして、一斉指導の中でも1人1人に違った声掛けをしたり、

その子に最適な補助をしていくことも大事なポイントです。

 

運動あそびで子ども達の能力を、総合的に伸ばしていきましょう。