ヘッダー画像

良い姿勢を保つのは意識だけでは難しく必要な力を育てることが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

座っている時や立っている時、良い姿勢を保ち続けるのは

大人でも難しいことだと思います。

しかし、近年は姿勢の悪さが目立つ子ども達がとても多くなっています。

そんな時「姿勢を良くしなさい」とか「背すじを伸ばして」と

何度注意しても、良くなるのはその時だけで改善しないと

困っている方も多いのではないでしょうか。

 

悪い姿勢を続けると、体の成長を妨げたり学校の成績が低下したり

様々な悪影響が出てきます。

子ども達の将来のためにも、良い姿勢の形を教えながら

同時に良い姿勢を作るために必要な力も育ててあげましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「前後カンガルー」をご紹介します。

 

縄や少し高さのあるゴム紐などを床に置き、それに当たらないように

前後にジャンプをして遊びます。

ジャンプでは両足がバラバラにならないように両足を揃えた

カンガルージャンプで行います。

腕を大きく振ってしっかり跳び、一定のリズムで行なえるように

指導者の「前、後ろ、前、後ろ」の声に合わせて行います。

 

前に跳ぶのは簡単ですが、後ろに跳ぶのは少し難しくなります。

足の指先に力を入れて後ろ向きに跳び、着地で転びやすいので

バランスを崩さないように踏ん張ります。

そしてまた次のジャンプに備えて準備姿勢を作る必要が

あるので、素早い判断力と身体コントロール力が養われます。

 

慣れてきたらスピードを上げたり、「前」と「後ろ」を

ランダムにしながら、少しずつレベルアップを目指して

遊んでみてください。

 

こうしたジャンプ遊びは、腹筋背筋を強く刺激し育てていきます。

遊びとして取り入れることで、子ども達は抵抗なく楽しみながら

行なうことができるので、ぜひ日常的に運動あそびを取り入れて

子ども達の能力を伸ばしていってください。