ヘッダー画像

脳の特性から見る子どもへの話し方! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

脳の特性から見る子どもへの話し方!

 

お子さんに「話を聞いてもらいたい!」「ちゃんと話を聞いて!」

と思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、男女によって話しかける時のコツがあるんです。

 

話しをしっかり聞いてもらいたい!
と思っている時にお子さんが違う方向を向いていたり、

目が合わなかったり経験ありませんか?

大人からすると「聞いてくれているのかな??」
と心配になるかと思います。
ただ、そのような時に男女によって聞こえ方に差があるんです。

 

それは、現代人の祖先、私たち人間が狩りをして生活をしていた頃の

人類の脳機能の特性からくるものでもあります。

男の子:外に出て食料を見つけ、狩りを行う。
女の子:家の中で、食事やこどもの世話を同時に行う。

といったライフスタイルでした。

このことから、
男の子:見たものに対する集中が得意(直進方向の)だが
見ていないものに集中するのは苦手な傾向
女の子:視野が広く、いくつかのことに集中を分配することが

得意(横方向)だが、遠近の距離感を測ることが苦手な傾向

といった脳の特性があります。
(※あくまでも、傾向です)

 

上記の特性を踏まえ、お子さんへの関わり方を考えてみましょう♪

話しを聞いてもらいたいとき

男の子:見たものに対する集中が得意なため、しっかり相手の方を

向くように意識させるか、視線の中に入るようにして話しかける

女の子:視野が広く、集中を分配することが得意なため、

基本は相手の方を向くように伝えるが、後ろから伝えたりしても

伝わっている可能性が高い

といったことが考えられます^^

 

例えば、
TVゲームをしている男の子に対し、後ろから
大人:「ゲーム終わったら、部屋の片づけしてねー」
子ども:「はーい!」…
脳の特性から考えると返事はしていますが、
しっかり理解できていない可能性もあります。

しっかり、伝えての方を向いてもらうようにするか、

視野の中に入って伝えるようにすると伝わりやすくなりますよ!!

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?

 

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp