ヘッダー画像

知られざる【土踏まず】の役割。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

知られざる【土踏まず】の役割

 

みなさんは土踏まずの役割をご存知ですか??

よく知られている土踏まずの役割は

歩いたり、走ったり、跳んだりしたときの衝撃を吸収する
クッションの役割だと思います。

しかし、その他にも土踏まずは体にとって無くてはならない

機能を持っていたのです。

 

それは、身体のバランスを取るセンサーとしての役割です。

身体のバランスを取るセンサー??
そんなに大切なの??
と思われた方もいるかもしれません。

でも、人間にとって直立二足の姿勢が取れることは手の発達・

脳の発達にとって大切な点です。

 

土踏まずには、3本の土踏まずがあるとされています!
※イラスト参照

青→太ももの前側・ふくらはぎ
緑→股関節の内側
赤→太ももの外側・臀部

これらの筋肉の制御をして、バランスを保つためのセンサーの役割を

しているのが3つの土踏まずです!

 

具体的にどのようにバランスを保っているかというと

青→体に掛かる前後の揺れを制御
緑→体に掛かる左右の揺れを制御
赤→体に掛かるひねったりする時の制御

それぞれの土踏まずがバランスよく機能していくことで
私たちは、上手く歩いたり、走ったり、立ったり出来ています!

 

ただ、土踏まずからの情報を処理し各筋肉に

指令を出している中枢は脳です。

脳の中で土踏まずから上がってきた情報の処理が遅れたり、
処理工程に不具合があれば、バランスを取れず転倒して
しまいますね。

 

運動遊びの中には、土踏まずも脳もパワーアップできる
要素がたくさん詰まっています。

詳しい遊びの内容などは是非、運動保育士の講座で
聞いてみてください^^!

 

 

~全てはこどもたちのために~
私たちと一緒に運動保育の輪を広げませんか?

 

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 

認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp