ヘッダー画像

子ども達の脳の抑制機能を育てる働きかけや遊びをしていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

3歳くらいの子どもを持つ親を悩ませる、いわゆる「イヤイヤ期」。

幼い子どもの脳は、前頭前野の働きがまだ未発達な状態なので、

湧き上がる欲求や衝動を抑える「抑制機能」が働きません。

それが「イヤイヤ」の原因になっています。

成長と共に抑制機能が育ってくると、自然と収まっていきます。

 

抑制機能とは、単に我慢する機能ではなく、

自ら進んで我慢する時に活発に働くので、

何でも無理矢理我慢させればいいという事ではありません。

日常生活の中での約束事やルールを子どもと考えて、

我慢することができたら思いっきり褒めたり、

遊びの中でルールを守ることなどで、少しずつ子ども達の

脳の発達を促していきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは、子ども達の

年齢や発達に合わせた運動あそびで、心と体・脳を

効果的に育てていきます。

 

今日はその運動あそびの中から「指先でカップ運び」をご紹介します。

子ども達を数人ずつにグループ分けして、横一列に並ばせます。

グループに1つずつカップを渡すので、

一番端の子から足の指先でカップを挟み、隣に渡していきます。

 

カップの挟み方は、両足の指先で挟むか、片足の指先で挟む

やり方のどちらでも良いですが、必ず足で挟んで

隣の友達に渡すように約束しておきましょう。

 

慣れてきたらグループ対抗で競争にしてみます。

この時、上手に行なうためのポイントを各グループで

話し合ったり、それを発表しあったりしてみてください。

友達同士で教えたり教えられたりすることで

友達との関係作りができ、社会性を養っていくことができます。

 

年齢や発達段階による脳の特性をしっかりと知った上で

対応していくことが、子ども達の発達をスムーズに促すことに

つながります。