ヘッダー画像

子どもが自分達で遊びを考えながらできるような働きかけをしていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近の子ども達の遊びは単純化してきていて、

自分達で考えて遊ぶということがとても減ってしまっているので、

日々の中で自分達で遊び方やルールを考えながら遊ぶ機会を

増やしてあげることが大切です。

 

具体的には遊びの内容やルール、グループ分けや作戦会議などを、

年齢に応じてですが、子ども達主導で考えながらできるように

話し合いの時間を設けてみてください。

こうした話し合いの時間の中で、子ども達の社会性や

コミュニケーション能力を養っていくことができるので、

運動あそびの時間もうまく活用してみてください。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「運転手さん」をご紹介します。

 

子ども達は2人一組になり、仰向けになる役とその子を押す役を決めます。

この時も、年齢が低い子ども達の場合は指導者が子どもの体格や

運動能力などバランスを見てペアを決めますが、

年齢によっては子ども達だけでペアを決めたり役を決めたり

できるようにします。

 

そして、仰向けになる子は、仰向けになったら「気をつけ」の姿勢の

イメージで体をまっすぐにします。

押す役の子は、その子の足を持ち上げて足の裏を自分のお腹にくっつけたら

前に押して進んでいきます。

 

スムーズに進んでいくためには、仰向けの子が腹筋に力を入れて

全身を一体化させておくことがポイントです。

脱力してふにゃふにゃしている状態だとうまく進めないだけでなく

怪我にもつながるので、1本の棒になるイメージで

全身に力を入れておくように伝えておきましょう。

できれば、頭を上げて少し上半身を浮かせるようにすると

進みやすくなります。

 

また、2人の息を合わせることも大事なポイントです。

お互いに相手がやりやすいように考えながら動くという力を

身につけるためにはとても有効な遊びなので、

子ども達の年齢などに合わせてやり方を工夫しながら

提供してみてください。