ヘッダー画像

逆上がりの達成には複数の力が必要で段階を追った練習が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

ほとんどの子ども達が経験する運動として、

鉄棒の「逆上がり」があります。

この逆上がりをするためには、いろいろな力が必要になります。

 

まずは逆さまになる感覚です。

これが身に付いていないと逆さまになるのが怖いので、

回ることができません。

そして、足を蹴り上げる脚力と、その足を上に持ち上げる腹筋が

必要になります。

腹筋が弱いと足を持ち上げることができず、

下に落ちてしまいます。

あとは、体を持ち上げる腕の力と、回転する力、

最後に鉄棒の上で起き上がる時のバランス力です。

これらが揃っていなければ逆上がりはできません。

 

そこで、1つ1つの力を育てるための取り組みが必要に

なりますが、ただ腹筋や懸垂をトレーニングのようにやらせても、

子どもは楽しくないので毎日続けることができず、

効果も期待することができません。

 

子ども達が継続して取り組んでいくために一番大切なのは、

まずは「楽しさ」があることです。

楽しさをつけるためにプラスする要素としては、

「競争」が一番わかりやすくおすすめです。

競争にすると子ども達はとても盛り上がって遊ぶことができ、

限界まで力を出せるので力をつけるためにも効果的です。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

「サルのボールつかみ→投げ」をご紹介します。

 

まずは鉄棒を逆手に握って、脇を締めて腕を曲げた状態で

ぶら下がり、両足を曲げて「サルのぶら下がり」の姿勢を作ります。

 

鉄棒の下にはボールを置いておき、そのボールを両足を使って

挟んで持ち上げ、遠くまで投げて遊びます。

できるだけ遠くまで投げられるように、ボールを持ち上げたら

体を前後に振って反動をつけて投げてみましょう。

 

気をつけるポイントは、腕が伸びてしまうとうまく体を

コントロールすることができないので

しっかり腕を曲げた状態で行なうこと、

ボールを挟む位置が足のくるぶし辺りになると

挟んだ後に投げにくいので、足の指先で挟むことです。

そして、ボールを投げる時にタイミングよくボールを

離して投げることも大事です。

 

うまくできない場合は、腹筋が弱いのか、ボールを投げる感覚が

うまくつかめないのかなど原因を見極め、

それを補うための補助をしたり、力を補うあそびを提供していきましょう。

 

逆上がりは決して簡単ではありませんが、

段階を追って運動あそびを行なっていくことで

ほとんどの子ども達ができるようになる遊びです。

ぜひ、子ども達の自信につながるように、

こどもプラスが提供している運動あそびを活用してみてください。