ヘッダー画像

子どもの興味に沿った運動あそびで育てたい力が効果的に身に付きます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の能力を効果的に引き出し伸ばしていくためには、

子ども自身が今どんな力を身に付けようとしているのか、

どんなことに興味を持っているのかということを

意識した働きかけをすることが大切になります。

 

それを見るのにおすすめなのが、自由遊びの時間です。

 

子どもがどんなことに興味を持っているかがわかったら、

そこにこちらが教えたいと思っている数や言語、リズムなどの

要素を加えていきます。

興味のあることは集中して取り組むことができ、

記憶にも残りやすいので、うまく組み合わせることで効果的に

力を伸ばしていくことができます。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは、

こうした組み合わせのアレンジが自在にできるので、

子ども達の成長発達を効果的に促します。

 

今日は柳澤運動プログラムの運動あそびの中から

「すずめポイントジャンプ」をご紹介します。

 

まずは鉄棒に両手でつかまって飛び乗ったら、肘を伸ばして

両足は閉じてまっすぐ後ろに伸ばします。

顎は開いて前を向いておきます。

これが「すずめ」の姿勢です。

 

このすずめの姿勢から、足を前後に振って勢いをつけ、

タイミングよく後方にジャンプして跳び下ります。

この時、両手で鉄棒を押すようにして離すと遠くまで跳べます。

最初のうちは、ジャンプの時に「1,2,3」と掛け声を

してあげると、タイミングがとりやすくなります。

 

足振りが不十分で勢いが足りなかったり、

タイミングが合わないとうまく遠くまで跳べずに

鉄棒に顎をぶつけてしまうことがあります。

補助者は子どもの胸の辺りに手を当てておいて

跳ぶ時に軽く押してあげたり、

鉄棒に手を置いて、顎がぶつかっても痛くないようにしておく

などの補助をしてください。

 

慣れてきたら、着地ポイントにテープなどで目印をつけ、

そのポイントに着地できるようにしたり、

色違いの複数のテープを貼って、何色に着地するか宣言してから

跳ぶようにするなどのアレンジもおすすめです。

こうしてただ跳ぶだけではなく、正確性を大事にして遊んでみると

後方への感覚や空間認知力、身体コントロール力なども

しっかりと育てることができます。

 

子ども達の年齢や発達段階、興味に合わせた遊びの提供で

今身に付けておくべき力をしっかりと育んでいきましょう。